本院 清水院 駿河院 千代田院 桜橋院
054-207-8558 054-364-1558 054-281-5555
ご予約はこちら

指の痛み|静岡市で口コミ1位の整骨院葵堂グループ

指の痛み

トップページ> 指の痛み

指の痛み

日常生活の中で起こりうる指の痛み、もしかしたらその背景には「重大」な症状が隠れているかもしれません!痛みを放置してしまった結果、指の痛みがひどくなった、指以外のところにも症状が出てしまった、そうなる前に静岡市の整骨院葵堂までお気軽にご相談ください!

なぜ指の痛みが起こるのか?

指の痛みが起こる原因として可能性が高いものとしては「指の使い過ぎ」で起こる痛み症状です。とくに日常生活や仕事で手を使う機会が多い場合に発生しやすく、放置してしまうことで症状が長期化する場合があります。

指の使い過ぎで起こりえる症状は?

① 腱鞘炎(ドケルバン病)
ドケルバン病では親指を大きく広げるなど、指を使いすぎることで腱鞘の間で摩擦が生じ、指や手首にかけて痛みが出る症状です。そのまま負荷がかかりすぎることで炎症が長期化すると手術の必要性が出る場合もあるので、早めの治療が必要です。
② 手根管症候群
同じ動作の繰り返しや、圧迫が起こることで手首の周りの筋肉が固くなってしまったり、何らかの原因で手根管内の正中神経が圧迫されてしまうと、親指の脱力感が起こりやすくなります。特に40代以上の女性に多くみられやすく、そのほかでは、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手を使いすぎている人や、透析をしている人などに生じます。
③ ばね指
主に屈筋群の腱鞘炎になります。 なりやすい方は、スポーツやデスクワークでパソコンやスマホなどで指を使い過ぎている方が多いです。腱と腱鞘で摩擦が生じ、腱が腱鞘に引っ掛かり、腱鞘をスムーズに通らなくなることで腱鞘炎になります。 そして症状が悪化すると、腱の肥大や腱鞘が肥厚し、指を延ばそうとすると、途中で急にグッと伸びたり、曲げるときに急にグッと曲がったりという症状が現れます。
④ へバーデン結節
指の関節が赤くはれてしまったり、曲がってしまったりする症状です。痛みを伴うこともあり。一般的に多いのは、人差し指から小指までの4指、第一関節におこりやすく、親指に起こることもあります。原因は不明とされている症状で、第一関節が痛む場合は早めの治療が必要です。

指の痛みといっても様々な症状があります。自分の痛みを一人で抱え込み悩んでしまう前に、お気軽に静岡市の整骨院葵堂までご相談ください!

静岡市の整骨院葵堂での治療方法は?

静岡市の整骨院葵堂では痛みが出ている指や手首の筋肉をほぐすことはもちろん、姿勢や骨盤などのバランスを整えることで血液循環を良くし、体の自然治癒力も高めていきます。構造学×運動学×栄養学の3方向からアプローチを加えることで、痛みの改善はもちろんですが、その先の予防・メンテナンスを含めたオーダーメイドな治療を行っていきます。

日常生活の中で多用する場面の多い指の症状は、最初は些細な症状だとしても後々痛みが増していくことも多々あります。そうなる前に静岡市の整骨院葵堂までぜひ一度お問い合わせください!

本院 駿河院 清水院 千代田院 清水桜橋院
ページの先頭へ