本院 清水院 駿河院 千代田院
054-207-8558 054-364-1558 054-281-5555

オスグッド|静岡市で口コミ1位の整骨院葵堂グループ

オスグッド

トップページ> オスグッド

オスグッド

オスグッド・シュラッター病とは?

オスグッド・シュラッター病は成長期の子供、特に男子によくみられ、ひざ下の脛骨に痛みを生じます。進行すると脛骨の盛り上がりが強くなります。サッカーやバスケ、陸上などのスポーツで起こることが多い症状です。

なぜ起こってしまうのか?

オスグッド・シュラッター病の原因は太ももの前の筋肉である大腿四頭筋と呼ばれる筋肉にあります。大腿四頭筋は骨盤の下前腸骨棘からひざ下にある脛骨の脛骨粗面と呼ばれる膨らんだところにかけて付着し、股関節を曲げる、膝を伸ばすといった働きがあります。 そのため、蹴る、ジャンプ、着地、走る、止まるといった動作が多いスポーツ(サッカーやバスケ、バレーボール、陸上など)で発症のリスクが高くなります。

プレー後のケアがされないままだと筋肉に疲労が蓄積し、筋肉の緊張が高まり固まってしまいます。この緊張した状態が続くと筋肉が付着している骨を過度に引っ張ってしまいます。オスグット・シュラッター病の場合、大腿四頭筋が付着する特に脛骨粗面が引っ張られ、膨隆し、やがて解離を起こし痛みを伴う炎症が生じます。

さらに、成長期の子供に起こりやすい理由として、骨と筋肉の成長速度の差にあります。成長期の11歳から13歳くらいに身体の発達が著しくなります。しかし、骨の成長速度は筋肉や腱などの周囲組織の成長速度に比べ早いため、骨と筋肉などの周囲組織とのバランスが不均衡になってしまいます。そのため骨が成長し、成熟したての頃は筋肉の成長が追い付かず、常に筋肉の付着部に牽引力がかかった状態になってしまうためです。

痛みが出てきた際には競技を直ちに中断し、アイシングをして安静にすることが第一です。その後、しっかりと医療機関を受診して、施術を受けていただくことをお勧めします。

どのような施術をしますか?

オスグッドは大腿四頭筋の柔軟性が低くなることで症状が進行していきます。加えて筋肉はほかの様々な筋肉とも連動していますので、周囲の筋肉も含めて調整を行い柔軟性を高め、炎症を抑えていきます。しかし、それだけだと競技復帰してまた過度な疲労が溜まれば症状を再発してしまう恐れがあります。なぜなら、オスグッドの原因は筋肉だけではなく他にもあるからです。根本からの改善と今後の再発防止を図るには、原因の大元である全身のバランスの崩れや運動不足、筋力不足といったところにアプローチをかけていく必要があります。

静岡市の整骨院葵堂では、全身のバランスが崩れてしまっている方には骨格が歪んでいる可能性がありますので、全身の姿勢など詳しく検査をさせて頂きます。お客様のお身体の状態に合わせて身体の土台となる骨盤や姿勢の矯正をオスグッドの施術と同時にいたします。

運動不足・筋力不足でお悩みの方に関しては静岡市の整骨院葵堂には整骨院部門のほかにトレーニング部門を併設しており、理想のからだを手に入れるためのボディメイクを目的としたパーソナルトレーニングや、体幹トレーニングを中心に複数の方と一緒に健康増進のために運動習慣を身につけて頂く事を目的としたセミパーソナルトレーニングがあります。「膝が痛いのに運動なんて…」と思う方もいらっしゃいますが、当院では、お客様お一人お一人の症状・状態に合わせてトレーニングメニューを作成いたしますのでご安心ください!

静岡市の整骨院葵堂が提供させて頂く施術は、症状の原因にアプローチし、根本からの改善と予防を行い、筋肉調整・骨格、姿勢矯正・産後骨盤矯正・内臓リセット調整・頭蓋骨矯正などを組み合わせ、お客様お一人お一人に合わせたオーダーメイドの施術となっております。また正しく体幹と姿勢を身に付けられるような運動も取り入れて、トータル的に症状の改善を目指していきます。

オスグッドを改善して楽しくスポーツができるよう、静岡市の整骨院葵堂は全力でサポートいたします。

本院 清水院 駿河院 千代田院
ページの先頭へ