本院 清水院 駿河院 千代田院 桜橋院
054-207-8558 054-364-1558 054-281-5555

腱鞘炎|静岡市で口コミ1位の整骨院葵堂グループ

腱鞘炎

トップページ> 腱鞘炎

腱鞘炎

もしかしたらその症状は『腱鞘炎』かもしれません!

腱鞘炎になると指の付け根や手首に痛みや腫れが起こり、指の曲げ伸ばしの際に指が引っかかる『ばね指』や、長時間指を酷使したことにより起こりやすい『ドケルバン病』といった症状が起こりやすくなります。特に子育て中で手首に負担がかかりやすいママさんや、スポーツ、キーボード操作など細かい作業をする方に起こりやすいといわれています。

腱鞘炎は放置してしまうと更に症状を悪化させ痛みを増加する可能性があるため、少しでも違和感があったら静岡市の整骨院葵堂にご相談ください!

腱鞘炎はなぜ起こるのか

そもそも『腱鞘』とは、骨と筋肉を繋いでいる腱を包みこみ腱が滑らかに動くようにサポートしてくれる滑車のことを指します。

腱鞘炎というのはこの腱鞘が手首の使い過ぎや指の使い過ぎで『腱』と『腱鞘』がこすれあって炎症を起こしている状態です。

主に親指の使い過ぎで起こりやすいのは『ドケルバン病』といわれ、指の曲げ伸ばしの際にばねの様な引っ掛かりが生じるのは『ばね指』と呼ばれます。

近年ではスマホ作業により親指が酷使され、腱鞘炎を起こしている方も多くなっています。スマホを連続で使用することで起こるため『テキストサム損傷』と近年では呼称されています。

少しでも痛みを感じた場合は静岡市の整骨院葵堂にお気軽にご相談ください!

静岡市の整骨院葵堂での治療法は?

腱鞘炎の治療は安静にして、なるべく指を使わないようにすることも大切です。

また、痛みが出ている場所のみの治療ではなく、その周囲の関連している筋肉を同時にほぐしていくことも重要になります。

なぜなら普段の姿勢や骨格のゆがみも腱鞘炎の痛みに関連してくるからです。

特に多いのは猫背になってしまうと前かがみ姿勢が多くなり、首や肩、背中の痛みに繋がりやすくなります。それと同時に肩甲骨の可動域が落ち、肩周囲の血液循環が悪くなってしまうため、肩よりも末梢に存在する上腕や前腕、指などの筋肉も固くなりやすくなり症状が出やすくなってしまうのです。

静岡市の整骨院葵堂では痛みが出ている指や手首の筋肉をほぐすことはもちろん、姿勢や骨盤などのバランスを整えることで血液循環を良くし、体の自然治癒力も高めていきます。

また腱鞘炎などの症状は元々の身体の柔軟性が不足していると起こりやすくなるため、体の柔軟性を高め、整えた骨格を安定させるためにインナーマッスルに刺激をいれ、筋力の強化を図っていきます。同時に腸内環境を整えることで体の内側からの回復力を高めることができれば、痛みの軽減はもちろん、再発しない体を作ることに繋がります。

腱鞘炎の痛みを早期に改善していくためにも、ぜひ一度静岡市の整骨院葵堂までお気軽にお問い合わせください!

本院 駿河院 清水院 千代田院 清水桜橋院
ページの先頭へ